ポイントタウン
お小遣い稼ぎ
徳島市の徳島情報

徳島市(とくしまし)は、日本の四国北東部に位置する都市で、徳島県の県庁所在地である。旧名東郡。キャッチフレーズは「心おどる水都・とくしま」。
徳島市は江戸時代に徳島藩の城下町として栄え、幕末には藍産業の進展で国内で人口が上位10位に入る城下町となった。徳島県の政治・経済・文化の中心都市であり、四国地方でも最大規模の都市の一つである。古来より近畿地方との繋がりが強く、現在でも神戸淡路鳴門自動車道や関西地方のテレビ、ラジオを通じて人的・物的・経済的な交流が盛んである。地理的には「四国三郎」と呼ばれる吉野川の河口に位置し、紀淡海峡に面している。毎年8月のお盆期間に開催される当市の阿波おどりは日本の著名な伝統芸能の一つであり、阿波踊り期間中の4日間に日本国内外から約130万人の観光客が訪れる。
吉野川河口に位置し、その三角州上に発達した都市である。当市内には138の川が流れる。当市の大半は徳島平野に位置し平坦であるが、ほぼ中央には当市のシンボルである眉山がそびえ、風光明媚な景観を創り出している。南部は山林が広がる山間部となっている。
人口は約26万人と、四国の県庁所在地の中では最も少ないが、徳島都市圏の人口は約60万人(四国第3位)となっている。

合併構想 [編集]当市は、四国の県庁所在地の中では唯一平成の大合併を行っていないが、徳島県などが合併構想を持っており、徳島県市町村合併推進審議会の答申では当市を含む合併構想について2つの案を示している。1つ目の枠組み案は小松島市・勝浦町・上勝町・佐那河内村・石井町・神山町および板野郡の各町を含むもので、この枠組みでの人口は約45万人(四国第2位)となる。もう1つの枠組み案は、1つ目の枠組み案から板野郡を除いたもので、この枠組みでの人口は約35万人(四国第3位)となる。

また当市は「第4次徳島市総合計画」などで合併に前向きな姿勢を示しており、40万人規模の中核市とすることを目標[6]にしている。しかし、周辺市町村の足並みが揃っていない[7]など合併には数多くの課題を抱えているため、当市は周辺市町村に呼び掛けて「徳島東部地域市長村長懇話会[8]」を設け、共通の行政課題や地域のあり方ついて話し合うことで将来的な合併に向けての足がかりを得ようとしている。

2010年(平成22年)、東部地域市町村町懇話会に参加する全市町村が参加した定住自立圏を形成し、当市が近く中心市宣言を行うことを発表した。

気候 [編集]市街地は瀬戸内海式気候と南海型太平洋側気候のちょうど境目に位置している。南海上の湿った気流による影響が大きい点から、南海型太平洋側気候に分類されることがある。ただ降水日数や年降水量の観点から見ると、瀬戸内海式気候が明瞭である。

渇水、空梅雨の年、台風襲来のない年は、瀬戸内側の他の地域と同様に降水量がかなり少なくなり、年降水量は1000mm前後になる。また夏から秋に梅雨、台風、秋雨などで雨量が集中すると、南海型太平洋側気候を示す地域と殆ど変わらない2000mm以上の年降水量になる。

典型的な海洋性気候で年間を通じて温暖であり、冬日(日最低気温0℃未満の日)はごく稀で、冬季の最低気温の平均は四国四県の県庁所在地中で一番高い。

また日照時間は全国的に見て長く、県庁所在地47地点中8位である。

年平年値(1971年 - 2000年平均)は、気温16.2℃、降水量1,540.7mm、日照時間2,044.4時間である。

金曜日の妻たち 徳島店
碧いうさぎ 徳島店
恋空 徳島店



徳島市の名物
四国デリヘル情報局

1,090hit
開設:2011-08-29
更新:2011-08-30

友達に教える
HP作成 HP編集

ポイント貯めておこづかい
無料ホムペ・プロフ@ロッピー







【PR】 格安国内旅行/
ポイント貯めておこづかい